長髪ははげやすい?抜け毛の原因

MENU

長髪は抜けやすいってホント?

外人女性

剃ると毛が濃くなる、抜くと増えるなんてことは昔から言われていた。

私だって頭を剃る際には、ほんの数%剃ると髪が生えてくるんじゃないの?
との甘い期待を抱いていた。


しかし、迷信は所詮、迷信だった。どんなに丸坊主にしようと、ハゲは年を追って進行し、とどまるところを知らない。

考えてみたら、もしこんな方法で髪が生えるくらいなら、とっくにみんなやってたはずだ。
おそらくこれは目の錯覚。


例えば髭をそった後にまた生えてきたひげは前よりも太く見える。それは髭剃り直後に生えたひげはナッコにあり、自然に伸びた先端の毛よりも太く強く見えるからだ。だが、その新しいひげも伸びてしまえば前と同じ。

残念ながら、頭を剃ればた頭皮を刺激して思わぬ育毛効果を発揮するなんて話もない。


長髪はハゲになりやすいの真実

反対に、長髪の人はハゲになりやすいっていうのも迷信か、というと、これが以外にもある程度の根拠が合った。

髪が長いから抜け毛が多くなり短いから少ない、なんてことはまずない。
だが、同じ1日50本の毛が抜けるのでも長髪とショートでは、そのボリュームがひどく違う。


もしハゲを恐れているなら、長髪の人の方はこんなに抜けたのか?とショックを受ける。

その精神的ストレスが何らかの形で髪に悪影響を与える可能性は十分にあるのだ。
また、マゲスタイル出頭の後ろまで髪を引っ張ってる長髪タイプは、額の生え際部分から抜けやすくなる。


引っ張るという形の強い刺激を与えられ続けた毛根は、もろくなるものなのだ。しかも髪が長いと、どうしてもシャンプーが不徹底になる。

すすぎでシャンプー剤を全部流さなかったり、頭皮までちゃんと洗わなかったり、手入れを怠りがちになるのだ。


だが、私個人の好みから言わせてもらうなら、長髪のハゲって結構かっこいい。

たとえば麻雀放浪記の作者、故・阿佐田哲也。
どこか無類のおっさん風で、実に味があったではないか。
髪の毛が薄くなったらバーコードにして前に垂らす、という発想が乏しいのであって、同じ伸ばすなら、ただ後ろに伸ばしっぱなしのほうがよほどファッション的には鋭い。
私も、もう少し年をとったら、一度あの髪型をしてみようかと思ってるくらいだ