植毛の種類やデメリット

MENU

植毛の種類やいいところ悪いところ

カツラではなく、あくまで時分の毛で髪を再生させたちと考える人達にとって、生毛植毛術は、一見、コレほど素晴らしい方法はないと思えるかもしれない。

後頭部にある自分の髪を皮膚ごとそのままハゲた前頭部に移植させ、根を生やさせるものだ。


男性ホルモンの支配下にある全頭部と違い、後頭部は女性ホルモンが支配しているので、なかなか髪の毛は抜けない。
その髪を前に持ってくると、後頭部にいた時のままのように<抜けづらいので、しっかり定着すれば一生取れることはない、という。



もちろん手術の方法はたくさんある。もっとも一般的なのが、後頭部の頭皮を直径4センチ程度の円柱状に切り取り、それを全頭部に持ってきて移植するパンチ式移植法。
フランク・シナトラやジョン・ウェインもこの方法で植毛したことで知られている。


それに、毛を一本ずつ移植する、単一植毛法を混ぜて、より密度を濃く、自然に見せる方法が使われている。
ただしパンチ植毛法ではどうしても毛の密度が増えない欠点がある。
それをカバーする意味で出てきたのがフラップ式植毛法だ。
移植する髪の苗木を完全には切り取らず、苗床の一部と頭皮がつながったまま移すのだ。
苗床の方の血行も保たれるから、パンチ式よりずっと、一度にまとめての移植が可能になる。


その他の移植法


その他にも、頭頂部全体に及んだハゲを隠すため、側頭部の、毛のある頭皮を伸ばして頭頂部を包み込むスカルプ・リダクション、2,3本ずつの毛の生えた苗床をハゲた部分に移植していくマイクロスポット等がある。
これらも単一で行うより、他の手術法と混ぜて行うのが普通っだ。


さて、これから植毛の問題点だ。まず、価格がカツラなどを使うのに比べて圧倒的に高いこと。
保険も効かないし、最低100万円は手術台として覚悟した方がいい。
それに、手術には違いないわけで、最低2,3日、場合によっては2週間ぐらいは頭に包帯をしていなければならない。


はたしてその格好で会社や仕事に行けるだろうか?
また、もし失敗したら、当否にひどい手術痕がのこったり、傷がついたりする。要するに、リスクがあまりに大きすぎるのだ。
私の個人的意見としたら、ここまでするのなら増毛かカツラのほうがいいんじゃないの、と思う。


植毛には他に、皮膚に1本1本人工毛を植えていく形式のものもある。
だが実際に経験した人によればコレも問題は多いようだ。1本300円もするのに、髪を洗うとすぐに抜けてしまったり、油の出が前以上にひどくなり、植毛してくれたクリニックで洗髪しなければ落とせなくなったり、植毛した途端、頭皮にアレルギー反応をが起きたり。
しかも手術は結構高いとも効く。あまりおすすめは出来ない。