ストレスと抜け毛薄毛の関係

MENU

ストレスは抜け毛の大敵になっている可能性が!

悩む男性

ストレスは、ハゲの大敵とよく言われますよね。

じゃあなぜ、ストレスがハゲによくないのか、、、抜け毛の原因になるのか、、
今日は医学的観点から説明したいと思います。


まずストレスには、大きく精神的ストレスと、肉体的ストレスとに分けられます。

人間関係は身体的ストレスです。
逆に、通勤ラッシュや、冷暖房なんかは肉体的ストレスです。
どっちもエネルギーを消費するので結果、髪に良くないということなんですね。


例えば、精神的ストレスは、皮脂腺の働きを活発にして、皮脂の分泌を増加させます。

まか過度なストレスは、自律神経失調症になりやすいのです。
自律神経失調症は、血管の緊張や収縮などが起こりやすくなり、髪への栄養分の補給が悪くなります。


肉体的ストレスは、ひどいと、休止期脱毛症という状態になってしまいます。これは強いストレスを感じた時に、

毛根が活動をやめてしまうものです。
抜け毛が普段の3倍にも膨れ上がります。


ほかにも増えているのが、テクノストレスというもの。

中高年の、コンピュータ不安型や、若年層のコンピュータ過剰適応型というものがあります。この特徴は、あまりにもパソコンを使う生活になってしまったために、人間の示す情緒的な反応に、適応できなくなり、人間関係を持たなくなってしまうという症状です。



こうなると自律神経が正常に働かなくなるだけでなく、ときには精神病にまで、、、。

また、パソコンにのめり込むあまり、食事もろくなのを取らない、お風呂にも入らない、、、なんてことも若年層の特徴でもあります。
気がついたら、ハゲが進行していて、ますます

非社交的になってしまうという悪循環に、、、


なので、この精神的ストレスと肉体的ストレスとテクノストレスというのが、いろんな原因により、やはり髪に良くなくて、抜け毛や薄毛の原因になっていることは間違いない!!


抜け毛予防対策をバッチリとしていきましょう!