大手育毛サロンってどうなの

MENU

大手育毛サロンの内容

客となるのはだいたい抜け毛が増えて将来心配だな、という程度の、まだほとんど進行していない状態の人。

その人の髪をまず専門のヘアカウンセラーがチェックし、3ヶ月毎のヘアケアプランをたてる。
基本は、サロンでの最新機器を使った手入れと自宅での毎日の手入れだ。


最新機器とは、例えば、空気のマッサージで頭皮の血行を良くするとされる、コンセランという機械、育毛を促すツボをレーザーによって刺激するレーザックという機械など。それにもちろんシャンプーやリンス、育毛剤、マッサージなどを施してサロンでの1コースが終わる。36万円で36回というのだから、まあ1回1万円と考えればいいだろう。



いわば育毛エステと本質的に何ら変わりがないわけだが、ヘア・サポートの場合、重点を頭皮の改善においているところに特徴がある。
人によって当否の状態が違うので一概には言えないが、1年を基準に、まず最初の半年は頭皮の汚れやアレや、毛穴の汚れを取り除くことに重点を置いている。
とにかく畑の雑草を取り除いて、作物がちゃんと育つ環境を作るのだ。


それから次の3ヶ月で頭皮の強化。育毛剤を毛穴から毛母細胞にしっかり浸透させる。で、最期の3ヶ月は当否の活性化。このコースがひと通り終われば、毛が増えるということは難しいにせよ。、現状維持は十分にできる、とアデランス側で言っている。ただし、とここでエクスキューズがつくのだが、あくまで日々、時分でも手入れをしていることが前提で、普段は何もせず、サロンでマッサージや育毛剤をつけてもらうだけで大丈夫なわけではない。
サロンで出される育毛剤やシャンプーなどを毎日使用しつつ、頭皮の改善を図るのだ。脂性肌用、乾燥肌用など、当否のタイプに合わせて育毛剤やシャンプーなども選ばれる。



なお、最近はこうした育毛エステ的なものとカツラとを一緒に売りつけ、法外な値段をふっかけるメーカーもあると効く。どうにも人の弱みに付け込んだような、腹の立つ話ではある。くれぐれもしっかりパンフレットを読み、内容も把握した上で申し込むようにしたい。全くどこに落とし穴が転がってるかわからない時代なんだから。